仕事 家事 子育て

仕事と家事と子育ての両立

私は結婚してから専業主婦をしていましたが、共働きじゃないと生活が苦しかったので、パートとして某事務所で働いてました。1年もしないうちに、長女を妊娠しました。仕事はまた辞める事になりました。私が産休の間に会社は潰れてしまいました。

 

これからは出産と育児と家事を両立していかなきゃいけないという不安はありましたが、実際に出産を終えてみると、母親としての自覚が自然に出てきて、ちゃんと愛情込めて一人前に育てようと思いました。

 

前までは家事と育児の両立なんて、無理だと思っていた私でしたが、なんとかやっていけそうな気がしました。

 

子供が大きくなり余裕が出来た頃、そろそろまた働きたい気持ちが出てきました。

 

半年ほど某保育園へ預け、半年の間に仕事を見つける事にしました。ギリギリになり、長い間某ハローワークの求人に載っていたポスティングの仕事に応募する事にしました。面接の時、お茶を出されたのには驚きました。資料に書いてあった通りの家庭的な職場でした。なんと言っても融通がきく所が 子育て中の主婦には嬉しい。

 

見事、応募した某会社に合格しました。両立が難しいと思っていた私ですが、仕事と子育てと家事の両立は出来るようになりました。

 

そんな感じで忙しくしていると美容についてあまり意識がむかなくなってきます。そんなことではダメだとおもってまつげ美容液を利用し始めました。エマーキットが口コミで良かったのでこれを使用しています。なかなかまつ毛が濃くなってきていい感じ。これは使えます。

 

エマーキット 口コミ

義理のお母様

40代目前にしてやっと旦那様と巡り会えた私。当然まわりの友達はとーっくに結婚してるので、みんな私の結婚報告に「それはほんとに良かったわねー」とまるで親戚の伯母さんのよう。どんな人?何やってる人?兄弟は?どこに住むの?、既婚者のチェックポイントはさすがに鋭いものばかりだけど、中でも旦那の両親に関してはみんな重要事項と考えてることがわかった。

 

確かに嫁姑問題は永遠のテーマとも言えるけど、でも今の時代、同居することも減ってるし、そんなに接点ある??って思ってたけど…あるんですね。

 

結婚式はどこでやるとか誰を呼ぶかとくの口出しに始まって、新居について注文つけるとか、息子の生活面への口出しとか、さらには孫の教育についてとか…

 

核家族化が進んでるとは言うけど、やっぱり嫁姑問題は健在なんだなあ。

 

私の友達も思いの外お姑さんからのプレッシャーにやられてる人が多い。でも昔に比べたら毎日同じ台所に立つ訳じゃなし、年に何回か顔あわせたときくらい我慢できないかな…とも思うけど、できないか(笑)

 

私は姑になったら、とにかく余計な口出しはしないようにしよう。

新茶の季節

私の住む地域には、古くからの茶農家が数多く存在している。毎年、春から初夏の時期にかけて、あちらこちらの茶畑で新芽を刈り取る光景が見受けられる。

 

刈り取られた茶葉で作った新茶は、地元のお茶工場で加工され、市内の学校等にも贈呈される。

 

先日も、小学校に通う娘が、学校から今年の新茶を戴いてきた。担任の先生から「飲んだら感想を聞かせて下さい」と言われたらしく、真剣に味わっては、感想をメモ帳に書き込んでいた。

 

私は、病気の関係上、あまりカフェインの入った飲み物は口にできないのだが、緑茶は大好きだ。

 

緑茶って血液をサラサラにしてくれる効果がありそうですよね。私は血液サラサラサプリメントを飲んでいるのですが、緑茶を飲んでいればドロドロ血液から解放されそうな幹事はしています。

 

安価で購入できるペットボトルの緑茶は、持ち運びや手軽さでは絶対的なのだが、新鮮な茶葉を使い急須で淹れた煎茶は、やはり色も味も香りも違う。

 

高校生の頃、茶農家だった親戚の家で、お茶の新芽をひとつひとつ手で摘み取る作業をしたことがある。初夏のさわやかな風が、青々としたお茶の香りを乗せて鼻をくすぐり、とても気持ちが好いのだが、この手摘み作業は、当時十代の私にも、かなり堪える作業だった。

 

平坦な斜面では機械での刈り取りができるのだが、山の急な斜面では、そうはいかない。私はたった一度の経験だったが、茶農家の人々は、毎年そうして骨の折れる作業を繰り返してきたのだ。それを考えると、なんでもそうなのだが、人が丹精込めて育ててきた食物は、誠実に頂かなくては、と思う。

 

毎食前の「いただきます」毎食後の「ごちそうさまでした」という言葉を改めて大切にしようと思う。

 

あちらこちらで、これから、二番茶の刈り取りが始まる。

義理の姉たちとランチ

私の主人には、3人の姉がいます。

 

年齢は、私と同じ年、2つ年上、そして6つ年上になります。

 

私に3人の義姉がいることを知った人は、だいたい「大変だね」とか「苦労するでしょ」と言います。

 

でも、3人の義姉たちはみんな優しく、仲良しです。

 

私の母は、2年前に再婚し実家にはあまり行くことができないので、

 

義姉たちは「弟とケンカしたら、いつでもこっちにおいで」と言ってくれます。

 

最近、1番上の義姉が27年間勤めた会社を退職し、車の免許を取るために実家に帰省しています。

 

 

 

先日、1番下と1番上の義姉から、一緒にランチに行こうと誘われました。

 

自動車教習所がお休みだからとのこと。

 

パスタとピザがおいしいお店に行き、数種類の料理を注文してシェアして食べました。

 

私には3人の子供がいるのですが、「子育てで一番大変だから、いっぱい食べてね」と勧めてくれます。

 

1番上の義姉とは、会う機会が少ないのですが、今回一緒にランチができてとても嬉しかったです。最近はベルタ酵素でダイエットしているので今すぐじゃなくていいですが、また誘ってもらえるといいなと思っています。

 

ベルタ酵素効果はこちら

更新履歴